ご挨拶

理事長挨拶

医療法人 愛仁会
理事長

渡邉 信也 NOBUYA WATANABE

地域の皆様方には、日頃より医療法人「愛仁会」(財団)をご利用戴き、衷心より御礼申し上げます。

当会は、1967年(昭和42年)に病院として開院致しましたが、事業拡大の必要性に迫られ、現在は病院を含み6つの関連施設を運営するに至りました。「新生児の出生から老人の介護に至る迄」と「救急から在宅医療に至る迄」の幅広い医療と介護福祉分野に関わらせて戴いております。各施設はお互いに連携を取りながら、皆様に最善の医療と介護福祉サービスを提供することが出来るよう日々努力を積み重ねております。

病院は、1971年(昭和46年)には救急告示の認可を取得し、各施設とも地域に根差した地域密着型の施設として、医師、看護師、及び他の要員の充実に努め、専門的な医療機器の導入、設備の更新、建物の整備を行って参りました。
救急部門において対応できない疾患については、三次救急の医療施設または専門病院での対応をお願いしております。
また、各施設は、地域の診療所や基幹病院及び福祉関連施設などとの連絡を密にとり、スムーズな地域医療連携を行うことにより、常時最善の医療と介護福祉サービスが提供できる体制を構築しております。

当会の「理念」と「経営方針」は別掲載の通りですが、精神的基盤として「現場主義」(現場をよく見ること)と「和顔愛語」(和やかに相手の気持ちを思って話しかけること)を掲げ、医療と介護福祉サービスに取り組んでおります。 今後も、地域の皆様に安全で質の高い医療と介護福祉サービスを提供することができるよう職員一同心掛けて参りますので、引き続き皆様のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

病院長挨拶

亀田第一病院
病院長

村岡 幹夫 MIKIO MURAOKA

医療法人愛仁会亀田第一病院は、「患者さんに喜ばれる病院」、「地域社会に喜ばれる病院」、「職員に喜ばれる病院」作りを経営方針として運営されて参りましたが、本年55周年を迎えるところとなりました。病床数197、診療科目19科を有する病院へと成長することができたのは、地域の皆様、関係者各位の御支援あっての賜と深く感謝を申しあげます。

主な診療科は内科、外科、産婦人科、整形外科、麻酔科、泌尿器科、脳神経外科、リハビリテーション科ですが、新潟大学医学部を中心に出張医師の応援をいただき、形成外科、脳神経内科、皮膚科、内分泌内科など幅広く患者さんの要望に応えられる体制を取っております。内科は一般内科のほか、消化器科、呼吸器科、循環器科と分化し、より専門性の高い医療を提供しております。特に消化器科では、内視鏡専門医による早期診断、鏡視下手術を積極的に行って参りましたが、患者さんだけでなく検診を希望される方も多く、2020年には内視鏡センターを新設して利便性を高めるように致しました。

外科は消化器外科を主としていますが、先進的医療器機の充実をはかり腹腔鏡手術をはじめ各種外科手術を行う一方、乳がん検診から悪性腫瘍に対する化学療法まで幅広くニーズに応えられるようにしています。産婦人科は、分娩はもとより、悪性腫瘍、女性骨盤臓器脱の手術まで昼夜を問わず診療しております。整形外科は、外傷、関節外科、小児整形外科、関節リウマチ、末梢神経障害、脊椎疾患まで幅広く運動器疾患の診療をしていますが、脊椎疾患については1999年新潟脊椎外科センターが独立し、より専門性の高い医療を提供しております。
さらに、2007年には新潟股関節センターが独立し、全例ナビゲーションシステムを用いた精度の高い人工股関節置換術を行っております。泌尿器科は2016年、当院では最も新しい診療科として開設されましたが、患者層の高齢化とともに男女を問わずその需要が増加し、検査・手術は増加の一途をたどっています。これらの外科系の手術は年間2,300例を超えますが、3名の麻酔科専門医の管理のもと安全に手術が遂行されております。脳神経外科は、外科的治療はしておりませんが脳血管障害、頭部外傷を中心に診療をしており、近隣医療機関からのご紹介も多く地域の方々からも喜ばれております。
リハビリテーション科は、高齢化社会の到来、手術患者数の増加により、その需要が高まり、リハビリテーション室の新設拡張をはかるとともに、スタッフの増員、技術の向上に努めて参りました。

これまでの歩みを踏まえ全職員、医療・医学の前に謙虚になって精進を重ね、今後も「地域に根付いた病院」作りを進めたいと思っております。皆様の御支援、御指導をいただければ幸いです。


2022年1月