検診について

新潟市胃がん検診

新潟市では平成15年から従来の胃部X線検査(バリウム検査)に加えて、新たに「胃内視鏡検査」が対策型検診(市町村が行う住民健診)として開始されました。
胃内視鏡を用いた検診の対象となるのは以下の条件を満たす方です。

  • 新潟市在住の方
  • 40歳、45歳、50歳、50歳以上で偶数年齢の方
  • 血液をサラサラにするお薬を飲んでいない方(飲んでいる方は保険診療での検査となります。)
  • 新潟市から受診券がご自宅に届いている方(ご自宅へ郵送されていない方は、お住いの区役所にお問い合わせください。)

当院の胃内視鏡について

新潟市では平成15年から従来の胃部X線検査(バリウム検査)に加えて、新たに「胃内視鏡検査」が対策型検診(市町村が行う住民健診)として開始されました。
胃内視鏡を用いた検診の対象となるのは以下の条件を満たす方です。

  • 当院では、月曜~金曜の午前(9:00〜10:30)に胃がん検診の内視鏡検査を実施しております。
    内視鏡時間は予約制ですので、がん検診の受診券をご持参のうえ、内科を受診してください。(受診時に胃内視鏡の予約を取得します。)
    ※普段からお薬を飲まれている方は必ずお薬手帳をご持参ください。
  • 通常は口からの内視鏡検査となりますが、鼻からの内視鏡検査も選択できます。
    詳しくはこちらをご参考ください。

胃がん検診の費用について

40歳の方 ¥0
41〜59歳の方 (社保)¥2,000
(国保)¥1,000
60〜69歳の方 (社保)¥1,000
(国保)¥500
70歳以上の方 ¥0(ピロリ菌検査)
40歳・56歳で、胃内視鏡にてがん検診を受けられる方 ¥1,000

※細胞の一部を採取して顕微鏡検査をする場合(生検)は、保険請求となりますので、検査費用の他に一部費用が追加となります。

検査結果について

  • 特定検診や大腸がん検診など、他の検診も受けられる方は、検診の結果をまとめて後日内科診察でお知らせいたします。
  • 胃がん検診のみの場合、ご希望があれば郵送で結果をお知らせできます。(生検など実施した場合は郵送できません)
  • 結果用紙に要精密検査と記載があった場合、郵送された結果を持参し、改めて消化器内科へ受診してください。